映画「OVER DRIVE」ストーリーとキャストまとめ(感想あり)

2019-09-03映画, 映画2018OVER DRIVE, 北村匠海, 吉田鋼太郎, 新田真剣佑, 東出昌大, 森川葵, 町田啓太, 要潤


『OVER DRIVE』

2018年6月1日公開
【出演】東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太
【監督】羽住英一郎
【脚本】桑村さや香
【音楽】佐藤直紀
【主題歌】WANIMA『Drive』

ストーリー

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。
スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。
スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。
『攻めなきゃ、勝てねーから!』
WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー・檜山直純。
真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝ち気な走りを続ける。
ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。
いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め・・・。
そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。
なんの知識もなく、完全に場違いなひかる。
彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

キャスト

檜山篤洋・・・東出昌大

スピカレーシングファクトリーのチーフメカニック兼エンジニア。
幼い頃から機械いじりが好きで、今では誰もがその腕を認める技術者となった。
真面目な性格で、チームメンバーからの信頼も厚い。

檜山直純・・・新田真剣佑

スピカレーシングファクトリー所属の天才ドライバー。
篤洋の実弟。
結果を出す一方、勝気な性格で無謀な“攻めの走り”を行う事も。
私生活でも問題を繰り返す、トラブルメーカー。

遠藤ひかる・・・森川葵

スポーツマネジメント会社“ワンダースポーツエージェント”の社員。
将来有望な若手ゴルファーの担当を外され、直純の新たなエージェントとして着任した。
ラリー競技については、ずぶの素人。

新海彰・・・北村匠海

スピカと熾烈な優勝争いを繰り広げるシグマ・レーシング所属のドライバー。
幼少期より英才教育を受け、常に冷静沈着でミスのない完璧なドライビングテクニックを持つ。
現在最も世界に近いドライバーであり、直純とはライバル関係。

増田順平・・・町田啓太

スピカレーシングファクトリーの新米メカニック。
デザイン志望だったが、ラリー競技のメカニックとして配属されたことに内心不満を持っている。

香川久俊・・・要潤

スポーツマネジメント会社“ワンダースポーツエージェント”の本部長。
ひかるの直属の上司。
プロを目指すゴルファーから、様々な問題を抱えるラリードライバーへの担当替えをひかるに命じた。

都築一星・・・吉田鋼太郎

スピカレーシングファクトリーの社長にして、チームの監督。
檜山兄弟を幼少の頃から知り、良き理解者でもある。
ほんの少しだけお茶目・・・。

感想

レースを見るのは嫌いじゃなく、何度か見に行ったこともあります。
(ラリーはよく知らないけれど)
迫力ありますよね。
家の小さなテレビで見たから、それほどでもなかったけど、映画館の大きなスクリーンで見たら、さぞ大迫力でしょうね。
東京の街中でのラリーも驚いたけど、合掌造りの中をレーシングカーが走っていくのは本当にびっくり。
富山県南砺市の五箇山で撮影されたようなのですが、実際にはあんな所でレースは行われていないですよね?
あまりに危険ですよ。
車が走り抜けていく中を、すぐ隣に観客がいるんです。
ありえないでいょ。
コースアウトやクラッシュする車も多いというのに・・・。
ともあれ、そんなドキドキもありつつ、すごい迫力のレースシーンでした。

何事にも対照的な兄弟の関係も面白かった。
東出昌大君は、何事にも慎重で落ち着いた兄。
真剣佑君は、何かに取りつかれたように勝ちを取りに行く、傍若無人な天才レーサー。
(そうかと思えば実はとても繊細で兄が好きなのだ。)
慎重すぎる兄にいら立っていて、二人いつも対立している。
それには幼馴染みの女の子が関係していて、
真剣佑君はどうしても世界一になりたい理由があった。
それを東出君が理解したときの二人の絆が見事。

森川葵ちゃんは、ラリーのことを何も知らずにやってきたので、少しトンチンカンだし、ずけずけ言ってしまうのだけど、それが兄弟にうまく作用して・・・恋愛の話には発展しなかったのだけど。

他にも北村匠海君や町田啓太君、清原翔君なんかも出てきて、レースシーンは迫力満点だし、イケメンがいっぱい。
そしてとにかく真剣佑君がかっこいい。
天才レーサーだし、セリフもかっこいいし、おまけに繊細で、でも結局かっこいい。

(ただ、最後、吉田鋼太郎さんと二人タキシードで並んで・・・おっさんずラブが頭をかすめたのは、ナイショ・・・)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ