「これは経費で落ちません!」キャストと1話感想-物の値段には理由がある

いよいよ始まりました。
多部未華子さん主演ドラマ「これは経費で落ちません!」

他局の「凪のお暇」と同じ時間なため、リアタイ視聴者は真っ二つに割れたかと思いますが、私は断然こちら派です。
(凪のお暇は録画で失礼します。)

多部未華子さん久しぶりだったけど、我が道を行く森若さん、とても良いキャラでした。
これから周りに振り回されて、どう変わっていくのか楽しみです。

1話あらすじ

「天天コーポレーション」の経理部は4人。
森若沙名子(多部未華子)は、佐々木真夕(伊藤沙莉)や田倉勇太郎(平山浩行)、新発田部長(吹越満)とともに経費審査の日々。

ある日、温泉とカフェが合体した、パラカフェという新規事業のチーフになった営業の山田太陽(重岡大毅)が、森若さんのもとにたこ焼き代の領収書の精算に来る。
打ち合わせ相手は、パラカフェの内装設計を委任しているデザイナーの曽根崎ミレイ(藤原紀香)。
ミレイは美魔女で、テレビにも出演する有名人。
太陽はその後、ミレイとリサーチに行ったというテーマパークのチケット代の領収書も持ってきた。
しかし一方で、太陽が同僚の女子社員と最近同じテーマパークへデートしたという噂話が舞い込み、森若さんは実は私用ではないかと疑うが・・・。

キャスト

森若沙名子・・・多部未華子

経理部員。
仕事は優秀で、私生活も完璧な堅物。
マイペースを崩さぬよう人と距離を置き、恋には奥手。
座右の銘は、余計な事に手を出さない意味の「ウサギを追うな」。

山田太陽・・・重岡大毅(ジャニーズWEST)

営業部の若手エース。
騒動で森若さんと深く関わるうちに、彼女にほれる。
奥手な森若さんにめげずにアタックする、お調子者だが優しく笑顔がまぶしい好青年。

佐々木真夕・・・伊藤沙莉

森若さんの後輩。
話の本筋より自分の興味を口走るタイプで、部長にも時にため口だが、憎めない天真らんまんキャラ。

山崎柊一・・・桐山漣

山田太陽の先輩の営業部員。
太陽とは反対にクールだが、人の懐に入るのがうまく、営業成績ナンバー1。
森若さんに一目置いている。

中島希梨香・・・松井愛莉

佐々木真夕の同期でうわさ好き。
商品のパッケージ等を企画している。
恋や結婚 が第一。

鏡美月・・・韓英恵

森若さんの同期で良き理解者。
入浴剤を開発するリケジョ。

吉村晃広・・・角田晃広

営業部長。
会社の屋台骨を支えているのは営業だという思いのもと、金額の小さな経費は大したチェックもせず経理に回す。

皆瀬織子・・・片瀬那奈

メディア出演も果たす天天コーポレーションの広告塔。

新島宗一郎・・・モロ師岡

総務部長兼リスク管理室長。

田倉勇太郎・・・平山浩行

森若さんの先輩。
製造部の担当で、経理の仕事に冷静で真摯に向き合うところを森若さんは模範としている。
独身。

新発田英輝・・・吹越満

森若さんの上司の経理部長。
営業部長の吉村とは大学時代の先輩後輩で犬猿の仲。
生真面目そうに見えて、実はユーモアにあふれたキャラ。

原作本 青木祐子【これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~】

森若沙名子、27歳、彼氏なし。
入社以来、経理一筋。

きっちりとした労働と、適正な給料。
過剰なものも足りないものもない、完璧な生活をおくっている、はずだった。

最近、そんな気配のなかった同期に恋人ができて、少し迷いが生じている。

ある日、営業部のエース・山田太陽が持ちこんだ領収書には「4800円、たこ焼き代」。

経理からは社内の人間模様が見えてくる?

感想

経理部の多部ちゃんは、計算が得意。
とにかくきっちりしている。
お金に対している時は周りが見えないみたい。
スーパーのレジでの正確な計算。
レジの人に言われる前に正確にお金を出す多部ちゃん。
重岡君の生涯の総収入を、出世コースにのった場合とそうでない場合を瞬時に計算して提示する多部ちゃん。
こと数字に関しては天才的。

会社の人とはほどほど上手くやり、休みは自宅で一人の時間を堪能する。
美味しいものを食べ、ネイルをし、テレビを見る。
なんてことない日常だけど、一人の時間てとても大切。
あんな多部ちゃんのような暮らしが私も好きです。

スーパーでも決して安いものは買わない。
それは、値段には理由があるから。
例えば古くなった、傷んでいる、今日中に食べて欲しい。
そんな理由には目もくれず、高くて良い肉を買う多部ちゃん。
ちゃんと働いて、自分へのご褒美。
これ、最高ですね。
ただ贅沢をするのではなく、
一週間の献立を考え、作り置きもし、会社には栄養満点のお弁当を持参する。
日々を大切に、自分の好きなことに囲まれて生きていて羨ましいです。

経理部長(吹越満)と営業部長(角田晃広)とのけんかはずっと続くのでしょうか?
あの、うるさい言い合いが。
まぁ、多部ちゃんはそんなの聞こえないようで、
淡々と書類に向き合って、きっちり仕事をしていましたが。
毎回ありそうな、このシーン。
面白すぎる。

会社の隣の席の伊藤沙莉ちゃんも憎めない。
自分の弁当と多部ちゃんの弁当を見比べてがっくり。
そして堂々と多部ちゃんのおかずをいただく。
休日に勝手に多部ちゃんと二人ででかけると言い出して、
寝坊して行かない。
なんか、憎めない後輩です。

重岡大毅くんも同じようなオーラを出してますね。
グイグイくるけど憎めない感じ。

これから伊藤沙莉ちゃんと重岡大毅くんで
多部ちゃんを振り回して行くんでしょうね。
そうしたら、多部ちゃんは変わっていくのでしょうか?
重岡くんの前で満面の笑顔を見せる時がくるのでしょうか?

こういう、日常を描いているのに面白いドラマ大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です