2019年春ドラマ総括-視聴ドラマ16作品をランキング

2019年4月~6月にかけて、視聴したドラマは全部で16作品でした。
(「なつぞら」と「あなたの番です」は継続中なので除外しています)

少し遅くなってしまいましたが、関西住みなのでどうしても少しずれてしまいます。
すみません。

その16作品を、ちょこっと感想を交えながら、ランキング形式でまとめてみたいと思います。

視聴したドラマは16作品

  • ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~
  • スパイラル~町工場の奇跡~
  • きのう何食べた?
  • パーフェクトワールド
  • わたし、定時で帰ります。
  • 向かいのバズる家族
  • ミナミの帝王ZERO
  • カカフカカーこじらせ大人のシェアハウス-
  • インハンド
  • ミストレス~女たちの秘密~
  • ミラー・ツインズ
  • デジタル・タトゥー
  • 俺のスカート、どこ行った?
  • 東京独身男子
  • 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。
  • 都立水商!~令和~

以上、16作品でした。

録画だけして未視聴だったもので、長時間音楽番組を録画するために消してしまったものもありました。
三上博史さんが出ているのを忘れていて「集団左遷!!」を消してしまったのは、かなりショックでした・・・。
知念くんのドラマも結局見れなかったし、「いだてん」も見るのを諦めました。

少し悔いの残る春ドラマでしたが、それでも16作品も見るのは、見過ぎでしょうか・・・?

面白かったランキングとちょこっと感想

第1位【インハンド】

寄生虫には全く興味はないけど、山Pがいちいちセクシーだと愛でるから、トリパちゃんとか覚えてしまった。

自ら天才だという山Pと
それに振り回されっぱなしの濱田岳くん。
そしてかっこ良くてできる女・菜々緒さんは、娘を思って泣いたり新たな一面を見せてくれました。

この3人トリオがとてもいい関係で、
孤立していた山Pが、二人によって人間を好きだと思えるようになっていく様子、
そして最後には濱田岳くんを海外まで追いかけてちょっかいを出す。
そんな結末が最高に良かった。

一つ一つの病気にも驚かされることが多くて新鮮だったし、最後の最後まで面白かったです。

第2位【カカフカカーこじらせ大人のシェアハウス-】

森川葵ちゃんが、自分に自信がないという設定がちょっと受け入れるのに時間がかかった気がします。
だってとても可愛いから。
中尾暢樹くんは、最初から最後まで何を考えているのかわからなくて、でも寺田さん(森川葵)にはとても執着していた気がする。
添い寝ができるかできないかが全てだったけど、かわいかったな。
そして、寺田さんにずけずけ言う長谷くん(結木滉星)が実はトラウマがあって、どんどん寺田さんに惹かれていくので、無理だとはわかっていてもつい応援してしまいたくなった。

最後、結末がね、そんなんでいいの?って感じでした。
本人たちがいいなら、いいけどさ。

第3位【きのう何食べた?】

西島秀俊さんも内野聖陽さんもバリバリにアクションをこなすのに、ゲイだなんて。
しかも、似合ってるし、もうゲイにしか見えない不思議。

田中美佐子さんとか梶芽衣子さんとのやり取りもとても面白かった。
梶芽衣子さん、ゲイの息子を理解しようとするけど、ちょっとずれてる感じがサイコーでしたね。

そして、忘れてならないのが、小日向さん(山本耕史)とジルベールわたる(磯村勇人)のエピソード。
そもそもひげ面の男をジルベールという小日向さんもおかしな人だし、
文句を言ってるのかと思えば、それがのろ気だったとは!

とにかく、キャストがみんな素敵だった。

続編があれば、もちろん見るでしょう。

第4位【俺のスカート、どこ行った?】

古田新太さんの女装姿を見て、正直見ないつもりだったのですが、
永瀬廉くんと、道枝駿佑くん、長尾謙杜くんが出ると言うので、仕方なく見始めたものの
古田さんの女装にはすぐに慣れ、生徒たちを救っていく様子が素晴らしく、
気付けば夢中で見てました。

永瀬くんたちの女装はとても美しかったです。

長尾謙杜くんの、緊張したときの『ルルル』も忘れられない。

第5位【わたし、定時で帰ります。】

向井理くん働きすぎ。
あんなに働いて倒れないなんてありえないです。
ちょっと真似した吉高由里子さんはすぐに倒れてしまったというのに。

ユースケ・サンタマリアさんは相変わらず不気味で、何かやらかす感が怖かった。

中丸雄一くんは、いい人過ぎて大丈夫かと思ったけど、浮気はあり得ない。

最後、向井理くんと吉高由里子さんが元サヤに収まりそうだったけど、
それはちょっと疑問なんだけど、
向井理くんのプロポーズまがいのかわいさったらなかったですね。

第6位【ミラー・ツインズ】

双子の一方が刑事で、もう一方が犯罪者という設定は面白かったし、
最初は夢中になって見ていたのだけど、
だんだん複雑になってきて、
結局WOWOWに続くので、(まだ見ていないので)中途半端です。

やはり、シーズン1だけで終わって欲しかった。

高橋克典さんがよくわからないままなんですよね。

でも、白い藤ヶ谷太輔くんと黒い藤ヶ谷くんが見られたのは嬉しかった。

第7位【デジタル・タトゥー】

瀬戸康史くんがね、「パーフェクトワールド」では、嘘みたいにいい人で報われなくてかわいそうだったけど、
こちらは、自由でかっこよかった。
本当は政治家の息子なのに、おバカなユーチューバーやってて、
地盤を継いでほしいと言われたけど、結局ユーチューバーを続けてるという結末も好きです。

(あんなおバカなユーチューバーが政治家になったらどうなるかも見たかったけど)

しかし一度ネットにアップされたら決して消えることはないというの、怖いですね。
匿名でもあっという間に本人が特定されてしまうのも。

第8位【腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。】

タイトルが面白いです。

「きのう何食べた?」はアラフォーのおじさんたちだけど、
こちらはもっと若くて深刻。

腐女子の部分はただ面白かったけど、
ゲイの方は・・・自分がゲイだと気づいた若者はあんなに悩むんですね。
だんだんと、時代も変わっていると思いますが。

結局、友達関係は続いているようで、それが救い。

第9位【ミストレス~女たちの秘密~】

こちらはレズビアン。
篠田麻里子さんと大政絢さんのキスシーンが美しすぎて納得してしまった。

杉野遥亮くんが大人で意外に演技派だったんだなと驚きでした。

最後はお互い好きなのに別れてしまったけど、大学院を卒業したらまた再会するのでは?と、
やっぱりハッピーエンドを期待してしまいます。

第10位【都立水商!~令和~】

都立の水商売を教える学校。
私立ならまだしも、都立という設定がやはりあり得ないですね。
そのあり得ない設定が面白い。

実習があって、キャバクラやホストの勉強をするなんて、とても斬新。

第11位【スパイラル~町工場の奇跡~】

町工場の再生物語。
最近、こういうのよく見てるから、新鮮味に欠けた気がします。
町工場とか特許とか買収とかね。

第12位【向かいのバズる家族】

家族全員バズるってすごいですよね。
ちょっと訳の分からないところもあったのだけど、
高岡早紀さんがとても良かったな。
『私だってチヤホヤされたいわよ』ってね。

あと、『お前がジャスティスソードだったのか!』『お前がバトルフィーバーだったのか!』と、ただの親子けんかだったことも。

第13位【ミナミの帝王ZERO】

千原ジュニアさんのミナミの帝王を見たことがあったので、気になって見ました。
萬田銀次郎の若き日の物語。

あらゆる分野のスペシャリストに教育を受けたといっても、それを全て自分のものにしてしまった銀次郎はすごい。
(マンガだからね)

第14位【東京独身男子】

AK男子(あえて結婚しない男子)ということだけど、かっこいい部分があまりなかったように思います。
どちらかというと、結婚できない男が3人寄ってわちゃわちゃやってる勘違い野郎たち。
そんな感じがしました。

もう少しスタイリッシュでかっこいい部分、仕事ができる、モテる、そんな3人を見たかったです。

第15位【ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~】

幼い頃の約束を果たしに来たはずなのに、そのことには結局触れられなかったし、恋が実ることもなかったし、
放射線科という新しい医療ドラマではありましたが、期待外れな部分が多かったです。

最終回の後すぐにスペシャルがあったけれど、ただの総集編という感じでした。

続編を意識しているのかわからないけど、窪田君は何年ぐらいアメリカへ行っているのでしょう?
いづれ帰って来るといっても、1年先か、5年先か、10年先か・・・
既にアラサーの二人だから、恋の話にはならないのかもね。

第16位【パーフェクトワールド】

長かった。
くっついたり離れたり、またくっついたり。

松坂桃李くんだから最後まで見たけどね。

まとめ

書いていたら、いろいろ思い出しますね。
見たのは全部で16作品。
10位ぐらいまでは、とても楽しんで見ていたドラマです。

でも、いろいろ言っても結局、楽しい3か月でした。
話が面白かったり、好きな俳優さんだったり。

既に始まっている夏ドラマも楽しんでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です