ドラマ「偽装不倫」1話感想-結婚を恋を諦めた途端に恋に落ちる

世の中に不倫がはびこっているのが前提だけど、
そこまでじゃないよね、多分。

それとも東京では【お一人様】が優遇されつつあるように、
不倫も当たり前の世の中になっているのか?
そうなのか?

一人焼肉とか一人カラオケは知っていたけど、
一人ラーメンはびっくりしたな。
私は、あんな狭いところで、そうまでして食べたくはないけど。

3年に及ぶ婚活に疲れ果て、ちょうど派遣も終了して、九州の博多へ旅行をする杏さん。
機内で年下イケメン・宮沢氷魚くんと出会う。
彼の荷物で頭にたんこぶを作ってしまう杏さん。
落とした指輪を左手の薬指にはめてもらう。
(いやいやいや・・・それはない)
そしてお詫びにと食事に誘われる。
そして、そして、不倫を提案される。

あるわけない設定だけど
そこは、外国育ちということで無理矢理ありとしましょうか。

一目惚れで恋に落ちてしまった杏さんと、なんだか訳ありな氷魚くん。
これが、マジな恋になっていく模様。

だってこれは、運命の出会いなんです。
『銀河鉄道の夜』の運命なんです。

氷魚くんの名前が、ばんの・じょう→じょう・ばんの→ジョバンニと1文字違い

杏さんの名前が鐘子(しょうこ)。
名前の由来はカンパネルラ(イタリア語で鐘)

ああ、運命の出会い。

仲間由紀恵&谷原章介夫婦もちょっと訳あり。

仮面夫婦かなとも思ったけれど、
谷原章介さんの方はちゃんと奥さんを好きみたい。

でも、仲間由紀恵さんの方はどうやら不倫中。

公式サイトによると、仲間由紀恵さんが独身だと嘘をついて付き合っているらしい。
それにしても年齢差もすごいけどね。

仲間由紀恵さんと瀬戸利樹君は予想外すぎた。

不倫しているのはいいとしても、
何日も薬指の指輪がないことに気付かないとは!!!

いくら好きではない旦那様とはいえ一応結婚してるんだから、指輪の存在は忘れないで!
洋服のポケットに入れて忘れるって・・・。

谷原章介さんにグイグイこられて、
これから好きになってくれればいいから、とかなんとか言われて、
それもそうねと、
両親を喜ばせる意味もあり
優等生の姉は結婚を決めた気がする。

その姉の結婚記念日がやってくる。
なのに、その結婚指輪をホテルに忘れてきてしまった。

連絡先を交換しないまま別れたけれど、
どうやって指輪を取り戻すのだろう?

彼の事何も知らないし、
どこに泊まるのかも知らない。

でもおそらくだけど、彼の方はこっそり連絡先をゲットしてるんじゃないかな。
それであの余裕の別れだったんじゃないかな?

それとも、運命の出会いだから、どこかで再会するのかな?

東村アキコさんの原作、さすが面白いです。

原作では、旅行先は韓国で、出会う彼も韓国男子のようですね。

ドラマでは、宮沢氷魚君が外国暮らしが長い設定で、日本語が少し不自由。
『たんこぶ』とか『不倫』とか、楽しんでる風がありました。

いくら外国かぶれでも、左手の薬指に指輪をはめてもらうのはどうかと思いますが。
ドキドキしてしまう。
好きになってくれと言われた気がします。

婚活に疲れて、私はモテないと、結婚を恋を諦めた途端に恋に落ちる。
あるあるですね。

続けて見るかどうかは今後の展開しだいですが、
今のところは様子見で、もう少し見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です