ドラマ「カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-」1話感想-可か?不可か?

毎日放送で【ドラマ特区】という新しい深夜ドラマ枠ができました。
その第1弾となるのが、「カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-」です。

原作は少女マンガ。
石田拓実さんの『カカフカカ』

就活に挫折し、現在フリーターの主人公、亜希(森川葵)は、同棲していた彼氏にフラれ、シェアハウスで暮らすことに。
そこで再会したのは、中学の同級生で、初カレ兼はじめて「した」相手・本行智也(中尾暢樹)だった。
彼はここ2年ほど「たたない」という状況。
ところが亜希に偶然接触したところ、なぜか反応が!!
絶対ヘンなことはしないという約束で、亜希は協力を求められて・・・。

森川葵ちゃんと中尾暢樹君の共演。
前回見たのは『文学処女』で、あの時は中尾君の一方的な片想いでした。
今回は報われてほしい!
今のところ、まだ好きというわけではないですが。

今回は、中学の時の元カレ・元カノということで、
好きの感情はないようだけど、カラダは反応してしまうという、ちょっと不思議な関係。

“カカフカカ”って、どこで切れるのかもわからなくて、変なタイトルだなと思ったら、
「可か?不可か?」ということなんですね。

まあ、可ですよね。
気持ちはなくても、きっともう始まってる。
可ですよね。

森川葵ちゃんて、年齢不詳です。
お肌がキレイでプルプルで。
でも結構えっちな役も多くて・・・。
今回は24歳ということですが、実際もそんなものかな?
可愛くて好きな女優さんです。

中尾暢樹君は、生態不明です。
毎朝、リビングだったり、廊下や玄関で寝てます。
かなり酒を飲んで、香水の匂いもきつく。
女遊び?
いつも気だるい感じです。
あんなイケメンの元カレに見つめられたら葵ちゃんもたまりませんね。
ドキドキしますよね。
きっと好きになっちゃいますよね。

これから、彼に頼まれて添い寝をするみたいです。
ベッドで密着して、好きにならない、なんてことある?

毎回、葵ちゃんのドキドキが伝わってきて、
中尾君を好きになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました