「なつぞら」第7回-第2週『なつよ、夢の扉を開け』

2019-04-08ドラマ, ドラマ感想

2019年4月8日放送
NHK

第2週の始まりです。

広瀬すずちゃんと工藤阿須加君との再会のシーンから始まりました。

幼い頃に離れ離れになったようだけど、連絡を取り合っていたのかな?
それとも、

『なっちゃんがどこにいても必ず探して会いに行くから』

を実行してくれたのかな。

どちらにしても、嬉しい再会だったようです。

昔、ここから逃げ出したことがあると、笑って話すなっちゃん。

笑って話せるような暮らしができてて良かった。

さて、幼い頃のなっちゃん。

牧場から歩いて帯広の闇市までやってきました。
無一文だけど、靴磨きで東京行の切符を買うつもりです。

東京の暮らしを思い出すなっちゃん。

家族だった4人(なつ、兄、妹、信哉)
つかまって、みんなバラバラになってしまったのかな。

帯広でも警察に保護されてしまうなっちゃん。

今夜はここで保護すると言われて
トイレに行くふりして・・・
きっと逃げ出すのでしょう。
なかなか機転が利く。
すばらしい演技力です。

おじいさん(草刈正雄)だけは、なっちゃんの靴磨きの跡に気づいたようでした。

既になっちゃんをよく理解しているおじいさんです。

なっちゃん、十勝でがんばって生きていこう。
お兄ちゃんが迎えに来てくれることを信じて。

第2週あらすじ【なつよ、夢の扉を開け】

東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。

一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。

ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。

柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。

そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ