ドラマ「きのう何食べた?」2話感想-パンドラの箱を開いちゃった

2019-04-23ドラマ, ドラマ感想内野聖陽, 田中美佐子, 西島秀俊

2019年4月16日放送
テレビ大阪(テレ東系)

今回のテーマは女の影です。
ある朝、シロ(西島秀俊)さんが忘れていったスマホに女性の名前でメッセージが。
夜7時に待ち合わせをしているようなのです。
ケンジ(内野聖陽)は、何も手につかず、1日中そのことだけを考えています。
そう、夫の浮気を疑う妻の状況です。

内野さん、全くその妻にしか見えません。

そして、コンビニに行くだけと、誰にともなく言い訳し、
変装まがいの格好で出かけていきます。
もちろん行先はコンビニなんかではなく、
待ち合わせの場所、八百屋。

物陰からのぞくあやしいケンジ。
そこには、誰かを待つキレイな女性・・・。

男と女だったら、そんなにドラマになるようなシチュエーションでもないのに、
男と男だと、どうしてこんなに面白いのでしょう。

結局、シロさんに見つかって家に帰るわけですが。
もちろん浮気でもなんでもなく、ただ、果物や野菜を分け合う関係の
田中美佐子さん。
田中美佐子さんは、相変わらずのキャラで、
知り合ったばかりの西島さんを、家に上げてから、
二人きりだと気づき、イケメンだと気づき、
襲われるんじゃないかと・・・。

キャーキャー騒いで・・・もう最高です。
西島さんは結局、ゲイですと言っちゃって、
その娘にも夫にもバラされてしまった。
内緒にしていたかったのに・・・。

それはいいとして、何故、ケンジはシロさんを疑ったかというと、
以前女性と付き合ったことがあるから。
しかも、その女性が徒歩10分の所でパン屋をやっていて、
毎朝のパンをそこで買ってくるシロさん。
10円20円にこだわるシロさんが、元カノのパン屋の高い食パンを買ってくる。
もちろん、偵察にも行った。
とても素敵な人だった。

涙目で訴えるケンジ。

夫の愛人がやってる小料理屋に偵察に行った正妻みたいな気持ちに勝手になられてもさ。

うまい事言う、シロさん。

でもね、
パンに関しては、
俺はパンドラの箱を開いちゃったんだ。
特に食パンは、旨いものを一度食うと二度と戻れなくなるんだよ。

わかる!
わかるよ、シロさん。

ちょうど私も、今そんな状態。
スーパーの食パンに戻れなくなってるの。
私もパンドラの箱開けちゃったんだなぁ。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ