「向かいのバズる家族」1話-ストレス発散は『なまはげチョップ』

2019-04-05ドラマ, ドラマ感想内田理央, 白洲迅

2019年4月4日放送
読売テレビ(日本テレビ系)

SNSドラマって、怖いものが多くてどうなんだろうと思っていたけど、
やっぱりちょっと怖いけど、面白かったです。

どこにでもいる普通の家族。
それぞれに無関心。

確かにそうかもしれない、と思いつつ、
それでも少し酷いんじゃないかなと思いつつ。

おじいさんが週一で遊びに来るときだけは、幸せ家族を演じてる。
帰った後の、潮が引いていく感じが、何ともリアルで怖い。

カフェ・コロナで店長をしている長女のあかりさん。

いつもニコニコ、笑顔で接客。

クレームを言うお客様にも、丁寧にお詫び。

その様子を勝手に撮られてアップされて、拡散されて・・・。

タイトルは『爆発ロコモコ親父』

おかげで、あかりさん目当てのお客さんが倍増。
迷惑極まりないです。

このあかりさん、

カフェでお客さんを相手に、いつも笑顔でストレスもないというから、どんな娘なんだろと思ったら、もう一人の自分を飼ってた。

仕事帰りにコインロッカーの荷物を持ってカラオケへ。
『なまはげ』のお面をつけて、完全武装で動画配信。

その名も『なまはげチョップ』
我慢ならない他人の悪口を言って、ストレス発散。

びっくり!

まあ、あれぐらいやらないと。
ストレスは相当なものだと想像できる。

(なまはげのお面が手作りだったのもびっくり!)

「誰かの悪口言ってストレス発散するような
負の感情なさそうですよね。
SNS使って匿名で世の中につばはいてるヤツとか許せないですよね。
ずっとその笑顔でいてください。」

あかりさんの王子様・皆戸涼太(白洲迅)君のこの言葉を聞いて、
そのなまはげを手放す決意をして、捨ててしまったけど、

当然、無理だと思ってました。

「私の笑顔はあなたと共にある。
だからあなたを捨てはしない。
私が私であるために。
みんなが望む私であるために。
そして、王子様が望む私であるために。」

みんなが望む私でありたいと思う限りは、なまはげチョップは手放せないでしょう。

そう。
バレなければ大丈夫。

仕事を抜け出して、なまはげを拾って、動画配信までしてきたのには驚きでした。

さて、この家族。

息子は、家庭教師しながらSNSチェックしてるし、

お母さんは、料理動画を配信してる。

始めは、純粋に料理の動画を配信していたようだけど、
コメントに振り回されはじめて、
なんだか大騒ぎになりそうな・・・。

お父さんは家でゲームばかりやってるし、
変なドラマ撮ってる。

原作者からクレームがつくと思うなら、もっとまじめに良いドラマ作ってよね。

そのドラマというのが、

「少年スナイパー新平!」

新平役の男の子、黒羽麻璃央君でした。

何故、主役の男の子を大人にしたの?

不思議だったけど、それは、「バズる」がテーマだからなのか。

それにしても、黒羽麻璃央君は
「広告会社、男子寮のおかずくん」で知ったばかりだったから、
こんな所でまた見ることになって笑っちゃいました。

白洲迅君は、今のところ、キラキラの王子様。
だけど、本当にそうなのかなと、ちょっと不安。
もしかして、彼にも裏の顔が・・・?

いつ、どこで、誰が、動画を撮ってるかわからない。
怖い世の中です。

それによって、人生が狂わされる。
こればかりは、気を付けようがないですからね。

本当に怖いです。

『一本の動画が、天国にも地獄にもなる世の中だね』
これは、予告のセリフ。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ