ドラマ「ブラックスキャンダル」6話感想-花園さんへの復讐

今回は花園さんへの復讐。
本当はいいマネージャーだったんだなと思った回。
結局、みんなそんなに悪くないけど、元凶はいったいどこにいるのでしょう?

【ある記事を差し替えるためのでっち上げ】

新社長が怪しくないですか?
そもそも、息子がそれなりの地位にいるのに、外部(?)から社長を持ってくるのもおかしな話な気がします。

6話感想

『ゲスに生まれて良かったー!』

週刊誌記者・巻田のセリフ。
イヤほんと、ゲスすぎる。

ネタのためなら愛しい妻も捨てるのか、あんなに大切そうだったのに。

片桐仁さんホントに怖いです。

花園チーフマネージャーも犠牲者だった

とんだゲス野郎だと思っていた花園さんが、元々は良い人だったことが判明。

花園さんは藤崎紗羅の不倫を知らなかった。
事務所側の人間じゃなかった。
それはせめてもの救い。
まあ、
結局は紗羅のことを最後まで信じてくれなかったわけだけど。

藤崎紗羅に裏切られたと思ったこと、記者会見で芸能界の怖さを知ったことで変わってしまったよう。

『この世界は誰も考えられないような汚い手を使ってくる。だったらそれ以上のことをしないと、この業界では生き残っていけない。』

元々はタレント思いの良いマネージャーだった花園さん。
芸能界はタレントだけじゃなく、周りの人たちも変えてしまうんだ。
なんて恐ろしい。

すっかり女優顔になった小島夏恋さん

小嶋夏恋さんは、本当にあか抜けてきれいになった。

最初はまるで子供で、枕営業っていう年齢?と思ったし、どこの田舎者だと思ったのだけど、自身がついて、売れてくると、女は化けますね。
もうすっかり女優の顔になっててビックリです。

女優さんてすごい。

『私は藤崎紗羅です』

とうとう言ってしまいましたよ。
元婚約者の純矢さんに。

面と向かってまだ紗羅のことが好きだと言われたら、そりゃそれは自分だと言いたくなるよね。
普通に幸せを求めたくなるよね。
仕方ないよね。

でもそうすると、顔を変えた意味が・・・。

こんなことなら、藤崎紗羅のまま生きていればよかったと思うんじゃないかな。

男としては、好きな女の顔が変わってしまったというのは、どうなんだろう?
中身が同じならいいのかな?

ところで、戸籍とかはどうなっているのかな?
そんなことどうでもいいのだろうけど、大いに気になるところです。

今後の予想

新社長が登場したことで、断然、彼が怪しいと思うのだけど、いったいどういう人物なのでしょう?
大物実業家とか、政治家の息子とか・・・?

彼の女性スキャンダルで、相手は阿久津唯菜さん、てとこでしょうか?

唯菜さん、ずっと亜梨沙さんの味方で友達だけど、なんだか怪しいとずっと思ってます。

水谷君の敵も気になるけど、最終的には同じ敵なんでしょうね、きっと。

それにしても、いろいろと小出し小出しでくるな。

キャスト

亜梨沙さん - 山口紗弥加
(藤崎紗羅 - 松本まりか)
花園さん - 平岩紙
純矢さん - 安藤政信
巻田 - 片桐仁
小嶋夏恋 - 小川紗良
阿久津唯菜 - 松井玲奈
水谷君 - 若葉竜也
新社長 - マイケル富岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です