ドラマ「獣になれない私たち」5話感想-マンションあげちゃった!

5話の感想

今まで当然のように、晶と恒星のラブストーリーとして見てきたのだけど、ここにきて違うのかなと気付き始めています。

というか、違ってほしい。
晶にはやっぱり京谷と幸せになってほしいと思うのです。

何でも抱え込んでしまう晶にずっとイライラしてきたけど、ずっと「幸せなら手をたたこう」を歌って笑ってる晶は辛い、そして怖い。

いつぷっつりと糸が切れるのかとハラハラしたし、歌いながら階段を上るシーンは怖かったー。
いかにもだから、まさか飛び降りることはないだろうけどと思いつつ。

恋人のところにも、行きつけのお店にも、行き場がなくて、京谷のお母さんに助けを求める晶。
辛くて辛くて・・・。

別れられたら楽になるのに、好きだからそれもできなくて。
堂々巡りで行ったり来たり。

でもやっぱり京谷と一緒にいてほしいよ。

一方の京谷も晶に振られる不安でいっぱいいっぱいで、キスシーンを見た後さっと引き返していく姿は、もう泣くしかない。
でも、朱里に対しても無下にできなくて、まさかのマンションをあげるという選択。

さすが、大企業のサラリーマンは太っ腹。

それができるなら、もっと早くそうすればよかったのに。
手遅れにならなければいいけど。

そしてゲームのエンディングにドーンとでました!

『かいじ たちばな』

いったい誰なんだろう?
まさか、もう出てるあの人じゃないよね?
気になるー!

一つ笑えたのが、佐久間さんが会社を辞める話をしていた時に、偶然聞いてしまった社長がショックを受けてそうっと出て行ったこと。
ああ見えて、意外と小心者だったのね。

次週はどうなる?

呉羽さんと橘カイジは偽装結婚だった!?
何のために?

朱里ちゃんが外に出てくる!

いろいろと急展開ですね。

面白くなってきました。

キャスト

晶 - 新垣結衣
恒星 - 松田龍平
京谷 - 田中圭
京谷の母 - 田中美佐子
(千春さん)
朱里 - 黒木華
佐久間さん - 近藤公園
呉羽さん - 菊地凛子
橘カイジ - ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です