大崎梢「スノーフレーク」-切なく心温まる青春ミステリー

大崎梢さん、「プリティが多すぎる」に続いて2作目です。
今回は「スノーフレーク」。
どれを読もうかと迷ったときに、映画化されていると知ったので、これを選びました。

切なく心温まる青春ミステリーということだったので、どうだろうという不安もあったのですが・・・。
(おばさんが読んでも面白いのかと・・・)

函館に住む高校3年生の桜井真乃。
東京の大学に進学が決まった彼女の前に、小学生のときに亡くなり、遺体が見つからないままの幼なじみ、速人によく似た青年が現れた。
本当は、速人は生きているのかもしれない。
かすかな希望を胸に、速人の死にまつわる事件を調べ始めた真乃だったけれど、彼女のもとに亡くなった彼のノートが届き―!?
美しい冬の函館を舞台に描く、切ない恋愛青春ミステリー。

感想

結論を言うと、とても面白かったです。

幼馴染みの速人は、生きているのか、死んでいるのか?
街で見かけた速人によく似た人は誰なのか?
速人のいとこだという勇麻は信用できるのか?
真乃はいったい誰が好きなのか?

証言がちぐはぐで、誰かが嘘をついてる?

読み進めていくうちに、次々と疑問がわいてきて、止められなくて一気読みでした。

事件の頃はまだ小学生だったから、何もわからないし調べることもできなかった。
でも高校3年生になり、春には街を離れることが決まった。
それを機に、速人を探そうとする真乃。

少ない手がかりから手がかりへ、色々な人の話を聞いて回る。
真乃にしかわからない真実と照らし合わせて、事件が見えてくる。

きっと真乃にしか真実はわからなかったんだろうな。
彼女だからこそ、真実にたどり着けたと思う。

6年前の事件の時から真乃の心は止まったまま、進むことができず
どうしていいかわからないまま、6年が過ぎ、やっと進むことができた。

一家心中の陰に隠された真実。
真乃と速人の関係。

ミステリーとして、とても面白かったし、
彼女がいったい誰を好きなのかも、ずっとわからなかった。

でも彼女の心はずっと決まってたんだな。
これから先、楽しいこと幸せなことがたくさん待っているといい。

登場人物

桜井真乃

函館に住む高校3年生。
春から東京の大学へ。
6年前に幼馴染みの速人がいなくなり、恋をできずにいる。

遠藤速人

一家心中の犠牲に。
遺体は見つかっていない。
真乃と亨の幼馴染み。

田村亨

真乃の幼馴染みで、現在同じ高校。
札幌の大学を受験。

琴美とシーコ

真乃の高校の友人。

遠藤勇麻

速人のいとこ。
速人によく似ている。
札幌在住。

映画「スノーフレーク」

これが桐谷美玲ちゃんで映画化されているとのこと。
少し設定は違うようなのだけど、是非観てみたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です