ドラマ「花のち晴れ」最終回感想-天馬君のさよならの言葉。

2018-06-27ドラマドラマ2018, 中川大志

前回まで、完璧王子様だった天馬君に少々がっかりさせられる回でしたが、最終回を迎え、やはり私は天馬君が好きだなと思います。
確かに神楽木はまっすぐで魅力的なのだけど。

でもカッコ良さで言ったら、最後の最後に現れた反町隆史にやられた感があります。
ラフな格好の上に、子供たちに理解を示す発言。
もっと登場してくれてもよかったのに。

誠さんから利恵さんへ

あんなバカみたいに一生懸命な試合見てたら、応援するしかないですよね。
子どもたちはどうしても、親の都合に巻き込まれてしまう。
だからこそ、子供たちが一生懸命考えたことなら、どんな答えでも受け止めてあげたいんです。

天馬君「音の野菜炒めが食べたい」

音、本当にありがとう。
今まで音がいてくれて本当に救われた。
音との思い出は全部宝物だ。

改めてきちんと向き合ってから、更に音が好きになった。
ホントにホントに大好きだった。
けど、音を変えたのは、僕じゃなくて神楽木だった。

今日の試合もそう。
いっつもミラクルを起こすのは神楽木なんだ。

ずっとわかってたんだ。
けど、認めたくなくて
つなぎとめたくて
僕の大好きな音を、僕が潰しかけてた。

もう終わりにしよう、音。
僕が音にできるのは、音が音らしくいるために背中を押すことだ。
もう周りを気にしなくていい。
自分の気持ちに従って。

ありがとう、音。
最後まで、僕を選ぼうとしてくれて。
それだけで、僕は充分幸せだよ。
ほら、もう泣かない。
僕のためにも笑って。

さあ、早く行って。
僕は大丈夫だから。
僕を誰だと思ってるの。
天を馳せる馬と書いて、馳天馬だよ。
ほら、行ってこい!

泣きそうな天馬くんだったけど、どこか晴れやかな顔。

愛莉から天馬君へ

あんたかっこいいよ。

ちょっと耳貸して。
失恋の先輩として言っておく。
これから楽しい事いっぱいあるよ。

利恵さんから天馬君へ

負けを知ったあなたはもっと強くなる。

おわりに

音のことが大好きな天馬君。
音がそばにいてくれたから頑張れてた天馬君。
でもこれからもきっと楽しい事いっぱいあるよ。
それが、愛梨と一緒だったら面白いね。

りえさんはちゃんと天馬君を大切に思ってたんだな。

神楽木パパの
『完璧な息子しか"いらない"』
これ、結構好きでした。

心にしたがったらみんな晴れやかな顔をしてる。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ