ドラマ「カラマーゾフの兄弟」キャストとあらすじまとめ

2018-06-15ドラマドラマ2013

今回『モンテ・クリスト伯』がとても面白く、古典を現在にアレンジしたものは、原作がしっかり面白いから映像化しても素晴らしいなとつくづく感じています。

『カラマーゾフの兄弟』の時もそれは感じました。
ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの原作です。

正直なところ、本は読んでいないので、ドラマでストーリーを理解しようという気持ちもありました。
そして、傑作と言われる原作なら、面白いに決まっていると。

それでは、その傑作の「カラマーゾフの兄弟」を振り返ってみましょう。

ドラマ「カラマーゾフの兄弟」の概要

2013年1月期
フジテレビ系
原作 … フョードル・ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

混沌とした時代に地方都市で起きる殺人事件を軸に、その背景にある過酷な家族問題、若者たちの胸に秘めたマグマのような思い、葛藤、情熱を描きながら、不況、政治混迷、格差社会、教育問題、就職難、先の見えない若者たちといった現代が抱える影をも投影する。そして、ラストに衝撃の真相が待ち受けるハラハラドキドキの心理ミステリーである。

キャスト

黒澤勲(市原隼人)

黒澤家の次男。
エリート弁護士。
趣味で猟奇的な小説「汚れた血族」を執筆している。
父親の資産を守るためだけに多額の金を出して弁護士にさせたのだと文蔵から言い含められている。
高校時代、忌まわしい烏目町を離れ、東京の大学で法律の勉強をするために父親と利息年15%の金銭消費貸借契約書を交わし、弁護士になった暁には文蔵の役に立つことを約束した。

黒澤満(斎藤工)

黒澤家の長男。
失業中の遊び人。
投資に失敗し多額の借金を背負う。
文蔵に遺産の生前贈与を要求し、それが叶ったら黒澤家を離れバーを経営することを目論んでいた。

黒澤涼(林遣都)

黒澤家の三男。
医科大学4回生。
園田教授との出会いから精神医学の重要性を知り、精神科医を目指すようになる。
殺害された文蔵の第一発見者。

黒澤文蔵(吉田鋼太郎)

黒澤家の当主。
黒澤地所社長。
満・勲・涼の父親。
ある日、自宅の寝室で頭をめった打ちにされ、ベッドの上で十字架に貼りつけにされたような置き方をされた奇妙な他殺体として発見される。

黒澤詩織(安藤サクラ)

文蔵の後妻。
勲・涼の母親。
20年前に手首を切って自殺。

末松進(松下洸平)

黒澤家の使用人。
本名:佐々木純也。
文蔵の隠し子。
黒澤家の食事などの家事全般を担当している。

入江悟史(滝藤賢一)

県警刑事部刑事。
文蔵が殺害された事件を捜査する。
満・勲・涼を容疑者として執拗に取り調べ、彼らの生い立ちや人間関係から文蔵が殺された経緯を追う。

遠藤加奈子(高梨臨)

黒澤満の彼女。
市長の娘。
彼の才能なら能力に見合った仕事が必ず見つかると信じて、金品を貢いでいる。

あらすじ

第1話「汚れた血族」

黒澤家当主・黒澤文蔵(吉田鋼太郎)は、海沿いの町・烏目町一帯に多くの土地を持ち“クロサワ”という会社名で不動産業と建設業を営んでいた。
町の経済は“クロサワ”中心に回っており、町内で文蔵に盾突く者はほとんどいなかったが、文蔵のビジネスは利益最優先の自己中心的な取引ばかりで恨みを買うことも多く、文蔵は“クロサワの酒好き、金好き、女好き…”と町中で揶揄されていた。

その文蔵には3人の息子がいた。
前妻・梓との間に生まれた長男・満(斎藤工)と、梓が文蔵に愛想を尽かして出ていった後に結婚した詩織(安藤サクラ)との間に生まれた次男・勲(市原隼人)と三男・涼(林遣都)。

長男・満は失業中の身で借金も抱えていたが、遠藤加奈子(高梨臨)と同棲しながらヒモのような生活をしていた。

次男・勲は東京の一流大学法学部、法科大学院を卒業後、司法試験にも一発で合格して東京の法律事務所で働いていた。

三男・涼は医大生で、寮で暮らしながら精神科医の道を目指していた。

そんなある日、文蔵が自宅の寝室で殺されているのが発見される。
死体はなぜか奇妙な形をしていた…。

間もなくして3兄弟は“文蔵殺し”の容疑者として連行され、刑事(滝藤賢一)から取り調べを受けることになる。
刑事は、3兄弟それぞれに父・文蔵を殺す動機があることをつかんでいた。
それは文蔵が殺される2週間ほど前、黒澤家で開催された家族会議が発端だった…。

第2話「次男・勲 侵された魂」

「家族会議がある」と呼び出され、久しぶりに黒澤邸に戻って来た次男・勲だったが、相変わらずの父・文蔵の横暴ぶりに嫌気がさしていた。

朝食後、東京に帰ろうとしていた勲だったが、勲の了解なしに、勤務先である弁護士事務所に休暇を取る連絡をした、と文蔵から聞かされる。
これで心置きなく俺のために働けるだろうと、文蔵は勲に言い放つ。

文蔵は取引のある下請け会社、杉卓工務店とトラブルになっていて、勲の力を借りようとしていた。
勲は弁護士を目指すために上京する前、学費と生活費を文蔵に借金しており、利子付きの借用書も書いた上に、将来自分が弁護士になった際には文蔵の力になることも約束していたため、何も反論できないでいた。

勲は地元の海岸で、今は兄・満の恋人である大学の同級生・遠藤加奈子と久しぶりに再会した。
勲は、加奈子と満の仲がうまくいってないのではと心配していたが、加奈子から満とはうまく付き合っている、と聞かされ複雑な心境になった。

ある夜、勲が黒澤邸大広間に降りてくると、文蔵が女と酒を飲んでいた。
その女の顔を見た勲は驚愕する…。

第3話「長男・満 棄てられた犬」

長男・満は3年前、市長と産廃業者との不正な関係を示す写真を押さえようとしていた。
筋の悪い男から依頼された仕事で、金に困っていた満は引き受けることにしたのだった。
満が車の中から市長の家を眺めていると、帰宅してくる1人の女性がやってきた。
女性は満の知っている顔だった。

ある夜、黒澤邸に帰宅した満は、父・文蔵のコレクションであるウィスキーを持って2階に上がっていく。
三男・涼の部屋をノックした満は、一緒に飲まないか?と涼を誘った。
涼の部屋で一緒に飲みながら、母親・詩織(安藤サクラ)の思い出話をしていると、ドアがノックされた。
次男・勲が涼から頼まれた本を持って来たのだった。
涼から一緒に飲もうと誘われて一旦断った勲だったが、満からも兄弟3人で飲むなんて滅多にないんだからと言われ、勲は仕方なく飲むことにする。

話題が、勲が親父の仕事を手伝っていること、満が定職につかないことで遠藤加奈子を不安にさせていること、になると気まずい雰囲気になり、満は氷を取ってくると言って部屋を出て行った。
大広間でアイスペールに氷を入れた満は、ちょうど帰宅した文蔵と出くわす。
加奈子のことや、実母・梓のことで文蔵から非難された満は、家を飛び出して…。

第4話「三男・涼 奪われた我」

店を持てるという話が、父・文蔵と、文蔵から金で買収された吉岡久留美(芳賀優里亜)による罠だったと知り、茫然自失する長男・満。
以前、次男・勲が、久留美に深入りするな、と言っていたことを思い出して、勲に詰め寄った満を、三男・涼は暴力ではなく話し合いで解決させようとなだめるが、満はその場から去ってしまう。

2年前のある日、涼が構内の一角で物思いにふけっていると、大きな荷物を抱えた園田教授(小野寺昭)が歩いてきた。
荷物を運ぶのを手伝うため園田について行くと、そこには大勢の子どもたちがいた。
園田は、不登校児たちに自信を取り戻してもらうことを目的とした活動をしていたのだった。
心の力を信じてる、と精神医学の重要性を話してくれた園田に感銘を受けた涼は、精神医学の道を進むことを考えるようになった。

ある日のこと、涼は砂浜で1人遊ぶ杉山一郎(樋口海斗)を見かける。
以前、いじめられていた一郎を助けた際に、クロサワなんか死んじまえ、と手を噛まれた涼は、少しちゅうちょしながらも、一緒に遊ぼうと、声をかけた。
最初はギクシャクしながらも最後には心を許しあえた2人だったが、送り届けた一郎の家が、文蔵とトラブルの渦中にある杉卓工務店だったことを知り、気まずくなる。
ちょうどそのとき、中から杉山卓郎(水野智則)と交渉決裂した様子の勲が出て来る…。

第5話「剥がれる仮面」

町の有力者である黒澤文蔵は1月14日に自宅で殺害された。
死亡推定時刻は午後4時~6時、死因は鈍器で頭部を強打されたことによる脳挫傷および、脳内出血だった。
第1発見者は文蔵の三男・黒澤涼で、事件当日午後7時過ぎに自宅に戻ったところ、階段下に倒れていた秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)を発見する。
さらに文蔵の部屋が半開きになっているのに気づき、遺体を発見したのだった。

数日前の朝、次男・勲が1階に下りてくると、涼はまだ食卓についていなかった。
「いなくなるべき人は、他にいるのに…」と思い詰めていた涼を、勲は心配になる。

文蔵が昨夜連れ込んだ女の悪態をつきながらやってくると、下請け会社の杉卓工務店社長・杉山卓郎(水野智則)が慌てた様子で入ってきた。

一方、恩師である園田教授の死を受け入れられず途方に暮れていた涼は、黒澤家の庭で卓郎の息子、杉山一郎を見つける。

長男・満が、バー『メトロポリス』で女と飲んでいると、男性同伴の吉岡久留美が偶然やってきた。
罠にはめられた一件後、初めて顔を合わす2人。
お互いの同伴者が席を外したところで、満から声を掛けた…。

その夜、涼が誰もいない勲の部屋に入ると、机の上に原稿用紙があった。
その内容を見てショックを受ける涼。
と、そのとき勲が部屋に戻ってきた…。

第6話「死を刻む砂音」

刑事・入江悟史は、黒澤文蔵が遺体で発見された際に、近くで倒れていた秘書・小栗晃一から事件当時の話を聞こうとしていた。
それより前、使用人・末松進(松下洸平)からも話を聞いていた入江。
末松は、事件当日は忙しく午後3時をまわってようやく昼食を取ったところ、急に気分が悪くなり、屋敷の離れで休んでいたという。
一方の小栗は、末松の代わりに用事を済ませるため外出したが、途中で忘れ物に気づき、屋敷に引き返したところである人物によって階段から突き落とされたという。
その人物を聞き出そうとする入江。

ある朝、三男・涼は、2階から文蔵と吉岡久留美が降りてくるのを見かけるが、文蔵が久留美に接吻したため目をそらす。
一連の様子を見ていた次男・勲(市原隼人)。
勲と涼は、前日に“世の不条理について”激論を交わしたこともあり、気まずい雰囲気になるが、話が長男・満の件になると、どちらにも連絡がないことを知り心配になる。

その日の午後、勲と文蔵は、下請け会社・杉卓工務店の件で打ち合わせをしていた。
裁判所に、文蔵側に有利な証拠書類を提出して一件落着すると説明した勲に文蔵は、次の仕事も宜しくと話す。
この件を片付ければ文蔵の元を離れられると考えていた勲は、息苦しくなる。

翌朝、勲はあることを伝えるため、海岸で満を待っていた…。

第7話「黒く潰された空白」

刑事・入江悟史は、意識が戻った黒澤文蔵の秘書・小栗晃一に、彼を階段から突き落とした人物を聞き出そうと、次男・勲、長男・満、三男・涼3兄弟の写真を見せた。
戸惑いながらも、その中の1人を指さす小栗…。

文蔵殺害当日19時頃。
満は、人目を気にしながら、とある道を走っていた。
しばらくして、どこかに連絡をする満。
ところが相手は電話に出ず、すぐに会いたいと留守電にメッセージを残した。

同じ日の22時頃、勲は東京にいた。
弁護士事務所に、明日から出勤しますと連絡を入れた直後、見知らぬ番号からの着信に出ると、相手は入江だった。
入江から父・文蔵が遺体で発見され、状況から殺害された可能性が高いことを聞かされた勲は、すぐに烏目町に戻ることに…。

一方の涼は19時半頃、遺体の第1発見者として屋敷にいた。
階段下に倒れていた小栗と食中毒で休んでいた末松進の2人が、救急車で病院に運ばれたことを入江から聞かされた涼は任意同行を求められる。

少し前の夕方、涼は黒澤地所の中にいた。
昔の黒澤家使用人から“母・詩織が自殺した本当の理由”を聞き出した涼は、“ある決意”を固めたのだった。

しばらくして、建物から出て来た涼は、ある人物が黒澤地所に火をつけようとしているのを見つけてしまう…。

第8話「断ち切れない鎖」

朝早くに目覚めた勲はシャワーを浴びていた。
父・文蔵がいなくなり、己から不穏なものが洗い流されていくのを実感する。

その頃、涼は大広間にいた。
文蔵の遺体を発見した時の衝撃を思い出し、苦悩していた涼は、勲に、父が死んだというのに涙が出ないことを告白する。
勲は、そんな涼の肩を抱き、自分を責める必要はないと慰めの言葉をかけた。

一方、加奈子は、自宅で満が書いた置き手紙を読み返していた。
勲から、満が文蔵殺しの容疑で逮捕されて本人も認めたらしい、と聞いていた加奈子はその手紙のある文面が気になっていた。
そこへ、刑事・入江悟史が相棒とやってくる。

入江から事情聴取された加奈子は、黒澤邸に勲を訪ねて、満の弁護をして欲しいと頼む。
勲は、刑事事件は自分の専門外だからと話すが、加奈子は過去に満との間にあった“ある一件”を語り始めた…。

その晩、勲が部屋で黒澤地所の書類を読んでいると、再び加奈子から電話がかかってきた。
加奈子との会話が要領を得ないまま終わったことに不安を感じた勲は、加奈子の部屋を訪れる。
加奈子は、満に会いに警察署へ行った際に、満が好きになった女、吉岡久留美を見かけたのだという。
加奈子の傷ついた様子を見た勲は…。

翌朝、勲は涼とともに満が拘留されている警察署へ向かった…。

第9話「引き裂かれた果てに」

三男・涼が警察署内で座っていると、手錠をかけられた兄・満が刑事・入江と宮島に連れられて部屋から出て来た。
その哀れな姿にショックを隠せない涼。
涼は、満に歩み寄り、無実を信じてると声をかけるが、満は無言のまま立ち去ってしまう…。

一方、満から、父・文蔵にそっくりだと罵倒され、警察署を飛び出した次男・勲は、黒澤邸に戻った後、死んだはずの文蔵の支配から未だ逃れることができていない感覚に陥ったことで半狂乱になり、大広間に飾られている文蔵の肖像画近くで倒れていた。
しばらくして、倒れていた勲を発見した末松は、勲を部屋へと連れて行く。
と、そこへ涼も警察署から戻って来た…。

その夜、満の無実を証明する手掛かりを探していた涼は、バー・メトロポリスで“ある人物”を待ち伏せていた。
しばらくして、店に姿を現したのは久留美だった。
久留美から“あること”を聞かされた涼は、黒澤邸に戻り、勲の部屋をノックした…。

翌晩もバー・メトロポリスで酒を飲んでいた久留美。
ふと気付くと、加奈子が横に立っていて…。

第10話「顔の無い仔」

涼が母・詩織の墓前に来ると、丸谷八重子(山野海)がいた。
八重子から、詩織が文蔵のために自らの体を犠牲にしていた事実を聞かされて以来、初めて会う2人。
その事実を話して良かったものかと気にかけていた八重子に、真実を知ることで自分のあるべき姿に気付けた、と感謝の意を伝える涼。
涼の優しさを痛感した八重子は、詩織が存命中にあった“あるエピソード”について話し始めた。

一方、拘留中の満との接見を終えた勲は、警察署の廊下で加奈子と出くわす。
数日前、満が選んだ女性、久留美の姿を目の当たりにしたことで、傷つき落ち込んでいた加奈子を優しく抱きしめた勲。
以前、満への愛を受け入れてもらえない仕返しに、自分の気持ちをもてあそんでいると勲から指摘された加奈子。
2人は気まずい雰囲気のまま、当たり障りのない会話だけで、それぞれの方向に歩いて行く…。

勲と別れた加奈子は、満と面会。
加奈子との別れを置き手紙で伝えたことを謝る満に、加奈子は2人で住む部屋を引き払うことを伝えた。

黒澤邸に戻った勲は、部屋で満との接見で得た情報を整理していた。
事件当日の内容は、どれも満に不利なものばかりで、兄を無罪にするのは困難と思われた。

そのとき、ドアがノックされ部屋に入ってきた涼が、八重子から聞いたという衝撃の新事実を話し始めた。

第11話「真実の色」

次男・勲は、事件当日の行動に不審な点があった使用人の末松に、父・黒澤文蔵を殺したのはお前か、と詰め寄る。
そして、末松こそが三男・涼から聞かされていた「もう1人の兄弟」であることを知る。

末松は、文蔵は最低の男だ、と吐き捨て、さらに長男・満と涼についても否定的に語る一方、勲だけは自分の兄としてふさわしい人間である、と冗舌に話す。

少年時代のある日、自分の父親だと分かった文蔵に会いに行き、自分が息子であることを打ち明けた末松だったが、文蔵から物ごい呼ばわりされ小銭を投げつけられた。
その時、末松は文蔵への復讐のために生きていくことを決意したのであった。
そして、素性を隠し、使用人として黒澤邸で働き始めた末松は、兄・勲への尊敬が強くなるにつれ、自分のやるべきことが何なのか、明白に自覚したと言う…。

そんな折、警察署に駆け込み、刑事・入江に、末松の写真を見せ、真犯人の存在を伝えた涼は、入江と共に黒澤邸に急いで向かっていた。

一方、勾留中の満には、起訴が着々と迫り…。

まとめ

黒澤家の当主が殺され、容疑者となった3人の息子たち。
事件を調べるうちにあらわになる父の横暴と反抗できない子供たちの歪な関係。
犯人は誰なのか?
みんな動機があるし、怪しい。

でも結局犯人は別にいたという、ちょっと拍子抜けする感じだったけど。

この時初めて、吉田鋼太郎さんを意識して見て、恐ろしい人だと思ってました。
見た目もそうだけど、恨まれ方、殺され方が強烈だったので。

その後「ゆとりですがなにか」の、ゆる~い雰囲気はあったけれど、まだまだ強烈なキャラだったので、「おっさんずラブ」では意外性が強すぎて、気持ち悪いのが正直なところでした。
そして、田中圭君を取り合う林遣都君とは、この「カラマーゾフの兄弟」で親子役をやっていたんだな、と。
俳優さんの面白さを存分に感じています。

「モンテ・クリスト伯」から「カラマーゾフの兄弟」を思い出し、「おっさんずラブ」から吉田鋼太郎さん、そして「カラマーゾフの兄弟」を思い出し。
「カラマーゾフの兄弟」には林遣都さんも出ていたではないかと、親子だったことを思い出し、ドラマって面白いな。
俳優さんて素晴らしいなと感じています。

これからも色々な俳優さんに注目していたいし、傑作と言われる原作はもらさずチェックしたいです。
人気のマンガのドラマ化も面白いけど、重厚なストーリーは心が震えるものがあります。
今後も数々の名作がドラマ化されることを期待してやみません。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ