小説

1/2ページ

安藤祐介『テノヒラ幕府株式会社』

冒頭分「自分にもうひとつの名前があったことなど忘れかけていた。奇妙な名前の会社から届いた一通の怪しいメール・・・」 この文とタイトルの「幕府」を見て、タイムスリップかな?ファンタジーかな?と、勝手に勘違いしてしまいました […]