「いつまでも白い羽根」第6話感想。ヒヤシンスの花言葉

2018-05-15Dorama, ドラマ鑑賞2018年, 感想, 新川優愛

キービジュアルの背景の色について、とうとうドラマ内で触れられました。
看護学校の学長室で。
番匠先生がヒヤシンスに水をやりながら言うセリフ。

ヒヤシンスの花言葉知っていますか?

赤は、嫉妬
青は、変わらぬ愛
黄色は、勝負、賭けですよ

あっ!!と思いました。
そういえばいつもヒヤシンスに水をやるシーンがありましたね。

「赤は嫉妬」

木崎瑠美は、嫉妬の赤。

勝ち気で、賢くて、何でもできそうな彼女だけど、本当に欲しい愛だけは手に入らない。
菱川先生のこと、諦めたつもりでも諦めきれなくて、嫉妬の炎が渦巻いてるんだな。

「青は変わらぬ愛」

山田千夏は、変わらぬ愛の青。

好きな人は自分の事幼馴染みとしか思っていなくて、自分の親友のことが好きで、彼女の事を相談してきたりする。
それを平気なふりを装ってるけど、とうとう我慢の限界。
いいよ、逃げ出していいんだよ。
健気で頑張り屋さんの千夏には頭が下がります。
応援してあげたい。
愚かな瞬也をしかりつけてやりたい。
がんばれ、千夏!

「黄色は、勝負、賭けですよ」

遠野藤香は、勝負の黄色。

遠野さん、実習を見てると本当はとても優しい人だと感じる。
復讐なんてやめてほしい。

番匠先生の手術は失敗しても仕方ない手術だったみたいだし。
2人は本当は愛し合ってはいないのか、それとも・・・。

これから何か大勝負に出るということか。
瑠美に「続けてるの?医者探し」と聞かれて
「やめるわよ、もうすぐ」と答えている。
もうすぐ復讐が完結するのだ。

大スキャンダル発覚か、ハッピーエンドか・・・。

紫は・・・

佐伯典子の紫は、
ヒヤシンスの花言葉は「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」。

でも今回は触れられなかったので、もっと違う意味があるのかもしれない。
再登場まで待つことになるのかな。

緑は・・・

番匠先生の緑は、
ヒヤシンスには緑の花はないみたいです。
だから、もっと違う何かの象徴なのでしょう。

もう少し待たされるかもしれませんね。

今後の楽しみ

いよいよ、小児病棟の実習が始まりました。

瑠美と菱川先生の間に進展はあるのか?
千夏の想いは瞬也に届くのか?
遠野さんと番匠先生の思惑は・・・?

千夏は本当に長野へ行ってしまうのかな?
瑠美はどの科を選ぶのかな?
産婦人科かなと思ったけど、小児科もありかな?

そんな感じで、まだまだ目が離せません。



よろしければ、ポチっと応援お願いします。



本・書籍ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村