ドラマ『デイジー・ラック』とイケメンパン職人

ドラマ『デイジー・ラック』とイケメンパン職人

どんな仕事でも「職人」と名の付く人は、とてもかっこいいですね。
今回『デイジー・ラック』というドラマで鈴木伸之さんがパン職人の役をやられます。
では、過去のドラマとか映画でパン職人の登場するものにはどんなものがあるのでしょうか?

ドラマ『デイジー・ラック』について

まず、『デイジー・ラック』はどんなドラマなのでしょうか?
2018年4月20日(金)スタート
NHK総合 毎週金曜 よる10時から

原作

原作は「逃げるは恥だが役に立つ」の作者である、海野なつみさんの同名マンガです。

ドラマ化にあたって、海野さんは『結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代は女性にとって大きな転機。このドラマがそんな皆さんへのエールになれば』と寄せられています。

ストーリー

子どものころ「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの楓、薫、ミチル、えみの4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会する。だが、まさにその日、楓は勤務する会社が突然倒産し、恋人からもふられ、30才目前で仕事も恋も失うことに。楓は子どものころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸の指導も容赦がない。楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれに思いがけない展開を見せていく。
仕事に、恋に、30歳女子4人の幸せ探しが始まります!

キャスト
山城楓(やましろ かえで)/佐々木希

勤務先の倒産と恋人との別れを機に、パン職人の道へ。

周防薫(すおう かおる)/夏菜

高級サロンでの企画営業アシスタント業務に熱中する。

讃岐ミチル(さぬき みちる)中川翔子

フリーランスで個性的なバッグを作っている。
極貧。

岩代えみ(いわしろ えみ)/徳永えり

4人の中で最初に既婚者となる。
相手は一回り年上。

安芸開人(あき かいと)/鈴木伸之

ヨーロッパでのパン作り修行から3年ぶりに帰国。
楓が働き始める「北村ベーカリー」で元々働いており、戻ってきて、楓の教育係に任命される。
職人としての腕は素晴らしく、面倒見も良い人物だが、とことん仕事には厳しい。

パン職人という仕事

今回の鈴木伸之さんの役どころ、パン職人とは、パン屋さんなどでパンを焼く人です。
フランス語のパン職人、「ブーランジェ」というと、とてもおしゃれですね。
ただ、仕事としては、早朝からの力仕事、立ち仕事。とても大変な気がします。

パン屋さんのドラマと映画

パン職人という仕事、とても大変そうですが、ここにイケメンを持ってくるというのは、おしゃれなイメージを持たせるのと、力仕事である腕の筋肉を見せるためがあると、勝手に思っています。

ドラマ『真夜中のパン屋さん』

そんなイケメンパン職人が登場するドラマの最たるものが『真夜中のパン屋さん』です。
タッキー主演ですが、パン職人さんは桐山くんの方。かっこよかったです。

ストーリー

都会のかたすみにたつ、23時から朝5時までしか営業しない不思議なパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」を舞台に、素直には生きられない、ちょっと風変わりな人々が、店をおとずれひきおこすさまざまな事件を通じて、都会のひとびとの心の交流をあたたかく描くハートフル・ストーリーです。

出演者

滝沢秀明・桐山照史・土屋太鳳 ほか

映画『しあわせのパン』
ストーリー

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦、りえさんと水縞くん。
水縞くんがパンを焼き、りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。
そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。

北海道から出られない青年トキオ
なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家ヨーコ
口をきかない少女未久とパパ
革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部さん
沖縄旅行をすっぽかされた傷心のカオリ
観察好きの羊のゾーヴァ
そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻

それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、心の中の“しあわせ”とは?
そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは?

出演者

原田知世/大泉洋/森カンナ/平岡祐太/光石研/八木優希/阪本史生/渡辺美佐子/大橋のぞみ(声の出演)/あがた森魚/余貴美子

ドキュメンタリー映画『74歳のペリカンはパンを売る』

浅草にある老舗パン屋、ペリカン。
ペリカンのロゴマークが目印の店先、朝8時の開店前には行列ができる。
その光景は毎日変わることがない。
たくさんのパン屋が乱立し、多種多様なパンがあふれかえる東京。
その中にあって、ペリカンで売っているのは食パンとロールパン、たった2種類のパンのみ。
それなのにお客さんが途切れることはなく、売り切れまで賑わいは続く。
「まだ、ありますか?」それは、まるで合言葉のようだ。
このパンの何が、ここまで人を惹きつけるのだろうか。

終わりに

パン屋さんを舞台にした作品は多々ありますが、それは背景の一部のものが多いように感じました。
パンを作る職人さんに焦点を当てたものは、まだまだ少ないようです。
パン職人という概念が最近のものなのかもしれません。
これからどんどん増えてくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です