たかぎなおこさんの『150cmライフ。』シリーズ3作に共感

2018-05-11Book, 読書記録2003年, イラスト, エッセイ, たかぎなおこ, 感想

今回は『150cmライフ。2』読みました。
私の身長もだいたいそんなもので、それは当たり前で、苦労と思ったことはなかったのだけど、言われてみればそうだな、と思うことが色々あって、共感したり笑ったり、背が低いせいだったのかと呑気に思ったり・・・。

このシリーズは全部で3冊あるので、ついでにご紹介しますね。

『150cmライフ。』

もちろんですが、最初に読んだのは『150cmライフ。』です。

図書館で見つけて思わず手に取りましたよ。
何故なら、私も背が低いから・・・。

満員電車でおぼれそうになりました。…などなど、身長150cmならではの悲喜こもごも。
ちっちゃい女の子のためのイラスト&エッセイ。

服のサイズが合わないとか
満員電車で息ができない、身動きが取れないとか
踏み台は必須とか。
あと、もう少しだけ伸びたかった …などなど、共感する部分だらけでした。

それで面白くて、他の本も読もうと思ったのです。

『150cmライフ。2』

なので、今回は「2」を借りてきました。

「150cm in スタンディングライブ」
「150cm in 乗りもの」
「150cm with 175cm」
などなど、今回もたのしいエピソード満載。

さらに、洋服のお直し現場リポートや、大人っぽく見せるヘアメイクのコツまで、お役立ち情報も満載です。

仕事帰りのバスで、最後の一人になったら車内の電気を消されてしまった。
何故なら見えなかったから。
運転手さんには「あ…あれ!? まだいたの!?」と。

新幹線の自由席では、座っているのに空いていると勘違いされて、がっかりされて。
何故なら見えなかったから。
こっちが悪いことした気分になる…。

スタンディングライブでは、見えない!怖い!今更後ろに戻れない…。

歯医者や美容室のシャンプー台では「もうちょっと上に…」。

車もミニの方がいいとか。
洋服のサイズ直しとか。
着物はいいねとか。
背の高い友達とか。

あるある話が盛りだくさん。

『150cmライフ。3』

シリーズ完結となる第3弾。

身長150cmの著者による、あいかわらずな暮らしぶりに加え、今回は「自分とちょっと違う個性を持った人」へのインタビューも盛りだくさん!
カラーページでは、世界一平均身長が高い国、オランダでの様子をリポートします!

おわりに

150cmと聞けば、何となく手に取ってしまう、このシリーズ。
共感と笑いを生むこと間違いなしです。

そういえば会社の友人も、たかぎなおこさんの本全部持ってると言ってました。
私よりは少し背が高いけど160cmはなかったはず。

イラストが楽しいというのもありますね。
他にも旅行とか一人暮らしとかの本があるようなので、順番に読んでいくつもりです。



よろしければ、ポチっと応援お願いします。



本・書籍ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村